News & Topics

 

おいしい牛乳をありがとう!

酪農生産者交流会
5月21日(月)

酪農生産者交流会に、熊本まで行ってきました。

生産者さんのお話を聞いて、牛舎を見学しました。この牛さんたちから牛乳が絞られて、それがおおさかの組合員まで届いているのだと思うと、とても感動しました。

グリーンコープの美味しい牛乳をこれからも飲み続けられるのは生産者のおかげだと改めて感じる一日でした。

これは、おおさかの組合員ジュニアから生産者さんへのお手紙です。生産者さんへ、感謝の思いを込めて、楽しい絵を描いてくれました。



ひまわりでつながる絆

今年も、ひまわりプロジェクトの種が届きました。

福島を応援するこの企画は、プロジェクトに賛同した人が各地でひまわりの種を育て、花を咲かせたあと実った種をまた送り返すというもの。

始まりは福島のひまわりの種。集まった種から作られたひまわり油が販売され、その収益は、障害者支援や福島の子どもたちの支援などに使われているそうです。

グリーンコープおおさかでも、今年もたくさんの理事さんたちの家でひまわりが育てられます。

高槻センターに植えられたひまわりも、かわいい芽が出ましたよ。
どんどこ、どんどこ、おおきくなぁれ!



バターチキンカレー&ナンを味わいながら

豊中支部・地域組合員総会
5/11(金)蛍池公民館

豊中支部の地域組合員総会第二部では、おおさか開発商品の【バターチキンカレー】と【焼くだけ手のばしナン】を試食しました。

食後には民衆交易の東ティモールコーヒーとチョコレート♪

豊中支部での活動の報告、4R運動や民衆交易などグリーンコープのさまざまな取り組みを紹介したり、組合員さん同士のお喋りも盛り上がり、親睦を深めることができました。



干物の美味しい七変化!

山陰のお魚学習会
4/19(木)クレオ大阪西

知っとく委員会の主催で、渡邊水産さんをお招きして、干物の学習会を開催しました。

“とんでもなく美味しい干物を作りたい”という想いで作られる渡邉水産の干物。添加物は使わず、新鮮な魚と塩だけでできているので、魚本来の旨みを存分に感じることができます。

ほとんどの人が干物は焼くだけだけれど、「干物を下処理の済んだ食材」と考えれば、とても使い手が良い食材であると教わりました。

例えば、“山陰産あなごの開き干し”は塩味が付いているので、衣を付けてあげるだけでふっくら穴子天になります。

また、参加した皆さんが驚いたのは、焼いた笹カレイの骨の取り方! ちょっとしたコツで、お子さまにも食べやすくなりますよ。

ぜひお試しあれ!