フェアトレードを超えて、支え合う関係

「砂糖とバナナのおはなし」
11/1(木)クレオ大阪中央今回は、フィリピンからお越しのアリエルさんと通訳の寺田さんからお話を聞きました。民衆交易は人々を大切にしています。安定した収入を得られるように、循環農業などの働き方、行政や国外との繋がりの支援を行っています。

アリエルさんたちは活動を続ける中で、その日暮らしから更に砂糖ショックで飢餓に苦しんだ経験を持つ農家の方々が、農業を誇りに思うようになっていった様子を嬉しそうに話されていました。

支援のための「from ネグロス·クリスマスカンパ」は今週36号と来週37号で受付中です。
ご協力、どうぞよろしくお願いします!

コメントは受け付けていません。