干物の美味しい七変化!

山陰のお魚学習会
4/19(木)クレオ大阪西

知っとく委員会の主催で、渡邊水産さんをお招きして、干物の学習会を開催しました。

 

“とんでもなく美味しい干物を作りたい”という想いで作られる渡邉水産の干物。添加物は使わず、新鮮な魚と塩だけでできているので、魚本来の旨みを存分に感じることができます。

 

ほとんどの人が干物は焼くだけだけれど、「干物を下処理の済んだ食材」と考えれば、とても使い手が良い食材であると教わりました。

 

例えば、“山陰産あなごの開き干し”は塩味が付いているので、衣を付けてあげるだけでふっくら穴子天になります。

 

また、参加した皆さんが驚いたのは、焼いた笹カレイの骨の取り方! ちょっとしたコツで、お子さまにも食べやすくなりますよ。

ぜひお試しあれ!

コメントは受け付けていません。